面接を受ける | 年末年始のアルバイトで人気が高い神社のアルバイト
神社内部

面接を受ける

高校生からバイトをすることができますが、バイトをするためには、面接を受けて採用される必要があります。
まずは、自分が働きたいと思う求人情報を探します。求人情報は、求人誌や求人情報サイトなどから見ることができます。
働きたい求人を見つけたら、面接の申し込みをして、面接日時を決めます。それから面接をして、採用されたら、働くことができます。
バイトの面接では、様々なことを質問されます。そこで慌てないように、ある程度質問の返答は考えておいたほうが良いです。

バイトの面接で聞かれることが多いのが、働ける期間、働ける時間帯、職種です。
働ける期間とは、短期で勤務することができるのか、長期間勤務してくれるのか、ということです。短期で働く場合は、どれぐらいの期間働くのか決めておいたほうが良いです。
何時から何時までの勤務を希望するのか決めておいたほうが良いです。限定するのも良いですが、幅広く対応していると、その分採用されやすくなります。
また、週に何日働くことができるのか、ということも聞かれることが多いです。
バイトの内容によっても異なりますが、求人によっては職種を決めることができます。居酒屋やレストランなどの飲食店の場合は、ホールなのか、調理なのか決めることができます。

バイトをする目的のほとんどが、給料をもらうことです。働くことで、報酬を得ることができるのです。そのため、給料や交通費などの待遇面に関することも考えておいたほうが良いです。
多くのバイトが、求人で大体の給料が提示されていることも多いですが、その金額に幅がある場合は、どれぐらいの給料なら働けるか考えおくと良いです。
また、求人内容によっては、研修期間があり、その期間は給料が低くなることもあります。
給料は聞きくい部分でもありますが、大切な部分でもあるので、面接の時に待遇面について聞けるようにしておいたほうが良いです。
志望動機を聞かれることは多いです。
なぜ自社で働きたいと思ったのか、と聞かれることがあるので、志望動機をある程度考えておくとスムーズに答えることができます。