こんな仕事まで!?

面接を受ける

バイトをすることで、お金を稼ぐことができますが、バイトするためには面接に受ける必要があります。面接のポイントを知っておくと、面接の時に好印象を与えることができます。

詳細を確認する

人と接しない

代表的なバイトの種類と言ったら、コンビニや居酒屋などの接客業です。しかし、人と接するのが苦手という場合は、接客業は向いていません。そういう場合は、人とあまり接さないバイトで働きましょう。

詳細を確認する

女性のみ

スマートフォンやパソコンの利用者が多くなったので、インターネットも普及しています。そのインターネットを活用したバイトが、チャットレディです。チャットレディは女性だけができるバイトです。

詳細を確認する

派遣とは

一般的なバイトは、1つの店舗と契約して働き続けるものですが、派遣バイトの場合は、短期のバイトを派遣会社に紹介してもらい働く方法です。一度登録しておけば、常にバイトを紹介してもらえます。

詳細を確認する

巫女の仕事内容

様々なアルバイトがありますが、年末年始に人気なアルバイトがあります。
それが、「巫女」のバイトです。
巫女とは、神様に仕える仕事なのですが、年末年始に行っている短期のバイトの場合は、働く条件はあまり厳しくなく、仕事内容も単純です。
ただ、多くの神社で「未婚の女性」という条件にしています。そのため、女子高生がアルバイトをしていることも少なくありません。
巫女になるために、特別な修行をしたり、資格を取得したりする必要はありませんが、作法や心構えなどの巫女に必要なことは、神社で押してもらうことができます。
年末年始に行う短期だけのバイトなら、難しい作法を練習する必要もありません。
短期バイトで、巫女を行うなら、笑顔で丁寧な受け答えができることが大切です。また、派手すぎる見た目でなければ働くことが可能です。
しかし、ピアスや指輪などをつけることは禁止で、金髪や茶髪ではなく、原則黒髪であることが多いです。
神社によっても、条件は異なるので、アルバイトをする際に事前に確認しておきましょう。

大晦日、正月などの年末年始は、神社に参拝しにくるお客様が非常に多くなります。つまり、神社の繁忙期です。そのため、神社は年末年始に巫女を短期アルバイトとして求人募集していることが多いのです。
年末年始の巫女のアルバイトのしごと内容は、参拝客に対して、お守りを販売したり、お札を販売したりすることです。
一般的な神社なら、絵馬、お守りなどの販売だけですが、大きい神社になると、案内所で仕事をしたり、御神酒所で仕事をしたりすることもあります。
基本的に、参拝客と接する接客業になるので、笑顔は必要不可欠です。
神社によっても働く期間は異なります。
年末の、12月28日ぐらいから準備として働くこともあれば、12月31日の夜から、1月3日まで、ということもあります。

特殊な仕事内容

音楽が好き、楽器を弾くのが好き、という人に向いているのが、歌や演奏のバイトです。お店で楽器を演奏するという仕事内容になります。特殊なバイトは、他にも様々あります。

詳細を確認する